社会福祉法人まごころ・多機能型事業所ビーアンビシャスのホームページへようこそ!

0476-24-2131

〒286-0045 千葉県成田市並木町219-21

運営の方針CONCEPT

運営の方針

障害のある方々が、地域で安定した自立生活を送るには「就労する」事が大切な要素と考えます。
いろいろな作業の機会を増やし、各個人の障害に合った作業指導を行い、就労場所を確保しなが
ら自立生活に向けた就労支援を行います。 個性に合った職業訓練と作業を続ける事により、得意
分野を見つけ自信が持てる仕事を身に付けながら一般社会での生活を営む事が出来るように支援し
ます。「就労する」事を考えたとき、「手に職を付ける」事も重要と考え、日本蕎麦「まごころ庵」
手作り洋菓子「フレンズ」を運営します。

直営店「まごころ庵」の店内では、フレンズのお菓子販売と挽きたて、打ちたて、茹でたての
「三たて蕎麦」を販売し、接客マナーの指導を行ない、人々との触れ合いの場を提供します。 
そしてビーアンビシャスは、障害を持ちながら働く方々の賃金の向上を目指し、自立生活を支援します。
外部企業からの受託業務を積極的に受け入れ、いろいろな作業を行なう機械を増やし、同時に収益を
上げ賃金向上につなげます。事業所開設の理念である「障害者が運営する企業体」を目指します。


理事長ご挨拶

CEO

「まごころ」も美味しいんだよ・・・から名前をつけられた
「まごころ庵」、そして法人名「まごころ」。その「やさし
い」ひびきのもとで「仲良く」を大切にしながら法人の運営
に努めたいと思います。
健常者といわれる人々と何か異なる「障害者」と呼ばれる
人々、がしかし健常者と呼ばれる人々の中にも様々な能力、
運動、性格、器用、不器用等々それぞれ異なる「個性」を
持ち他の人々と交わりながら日々の生活をしている事と
思います。
障害者と呼ばれる人々の「障害」をその人の「個性」と置き
換えて考えるならば、社会で人々と交わりながら、助けあい
ながら、仲良く生活することは何ら不思議なことではない。
法人「まごころ」の中で仲間と共に地域社会の人々と生活を
共にする為の社会道徳、表現力、そして経済力等を身につけ、
胸を張って社会に飛び出してもらいたい。そのお手伝いを
しっかり出来るような法人の運営を目指したいと考えます。ビーアンビシャス、未来に希望を持って日々
努力してまいります。保護者の方々。各方面の多くの方々のご理解とご支援を切にお願い申し上げます。 
理事長 五十嵐重捷
 


団体沿革

2002年10月
福祉作業所「ビーアンビシャス」発足
2003年5月
直営店「まごころ庵」建築工事着工
2003年8月
NPOビーアンビシャスとして登記
2003年11月
直営店 三たて蕎麦「まごころ庵」開店
2004年9月     
お菓子の部屋「フレンズ」開店
2004年11月
手作り洋菓子「フレンズ」の外部販売開始
2005年5月
「まごころ庵」にウッドデッキ増設
2006年7月
作業室増築工事着工
2007年3月
航空関連企業からの業務受託開始
2007年4月
障害者自立支援法による指定就労継続支援B型へ移行
2008年10月
全国アビリンピックイン千葉に参加
2009年6月
障害者自立支援法による指定就労移行支援事業開始、多機能型福祉サービス事業所となる
2009年11月
ビーアンビシャスグループホーム開設
2010年4月
洋裁 「うさぎ工房」開設
2011年4月
社会福祉法人まごころ として登記
2011年5月
社会福祉法人まごころ として運用開始 (多機能型事業所ビーアンビシャス)
2012年7月
新施設完成
2012年8月
「フレンズ喫茶」開店
2013年1月
就労継続支援A型事業開始
2014年4月
年中無休運営開始
2014年6月
民間企業での施設外就労開始
  

バナースペース

社会福祉法人まごころ

〒286-0045
千葉県成田市並木町219-21

TEL 0476-24-2131
FAX 0476-24-2132